施設紹介

撮影から編集、発表まで一貫して行うことができる施設です

HDスタジオ、映像ホール、HD編集室・5.1ch MA室、インキュベートオフィス、映像ミュージアム、映像公開ライブラリーが整備されています。
「デジタル映像制作拠点」として、ハイエンドな機材・施設が用意され、撮影から編集・制作、作品の発表まで一貫して行うことができます。
映像ミュージアムは子どもから大人まで映像制作を楽しく学べる「参加体験型」ミュージアムです。映像公開ライブラリーは、NHKと共同運営しており埼玉県の貴重な映像資産を見ることができます。

 

 



  • HDスタジオ
  • 映像制作支援室
  • インキュベートオフィス
  • 映像ホール
  • 映像ミュージアム
  • 映像公開ライブラリー

HDスタジオ

デジタルハイビジョン番組制作に対応した撮影スタジオ

収録機材にHDマルチフォーマットカメラシステムを採用。番組制作からデジタルシネマ、CM等、幅広いコンテンツ制作に対応できます。さらにブルー、グリーンのクロマキーカーテンをホリゾント壁に引くことで手軽に合成撮影に対応します。
また、撮影機材を持込むことでスタジオスペースのみを低コストで利用することも可能です。




HD映像収録システム

ワンタッチで1080/60i、24P、30Pの切換えが可能。
(カメラシステムは、HDスタジオカメラ3台、HDハンディカメラ1台で構成。フルデジタルスイッチャー、HD-VTR、HDテロップシステム等周辺機器ともデジタル領域で接続され、多彩なHDソフトが高品質で制作できます。
収録はHD-CAM、XD-CAM、HD-D5、HDVを装備し、豊富な入力系統により持込の収録機器にも対応します。旧来のSD素材もアップコンバーターでHDTVに対応できます。



デジタル音声収録システム

デジタルオーディオミキサーによる高品位な音声収録が可能です。12本のワイヤレスマイク、CDプレイヤー、ポン出し機能付きMDプレイヤーや、各種デジタルエフェクター、電話回線の音声を収録するためのTELリモートを装備しています。
公開番組や歌番組に欠かせないPAシステムもご用意しています


映像制作支援室

編集、合成から音声ミックスまで 対応可能なポストプロダクション

3タイプのノンリニア編集室を軸として、HDリニア編集室、5.1chMA室、FTPサーバーなど最新のポストプロダクション設備を用意。
特殊合成からデジタルシネマの編集まで作品のニーズにあったプラットフォームの選択が可能なため、効率的かつ高品質な映像制作環境を提供いたします。また専用の高速ギガビットネットワークにより、各ノンリニア編集室間ではオンラインでデータ転送が可能。複雑な合成作業もパラレルに進行させることでクリエイターの負荷を軽減します。全ての編集室において、HD24Pを含むマルチフォーマットに対応しています。




ノンリニア・リニア編集室・MA室

合成、エフェクト、カラコレ作業に適したノンリニア編集室を3室完備、作品のニーズに合わせてお選びください。
また字幕の自動送出可能なキャラクタージェネレーターを完備し、効率の良い字幕入れ作業が行えるHDリニア編集室も備えております。
MA室ではTV番組、CMなどのステレオMIXに加え映画作品の5.1chMIXにも対応、幅広いコンテンツ作品を仕上げることができます。
30㎡の広さを誇る録音ブースを完備、ナレーション収録はもとよりアニメ、海外作品の吹き替え作業にも対応できます。



4Kカメラ

ソニー製のPMW-F55(CineAlta 4Kカメラ)をご用意、XAVC、MPEG-4 SStP、MPEG HD422に加えAXS-R5とダイレクト接続することにより16bit リニアRAWの収録も可能になります。レンズはARRI/-Carl Zeiss製のULTRA PRIME T1.9/24mm、32mm、50mm、85mmを標準セットでご提供します。また、サラウンドマイク、サウンドレコーダーなど収録機材、LEDライトの照明機材なども備えています。




インキュベートオフィス

撮影から配給までサポート

映像関連のベンチャー企業や映像制作者等が利用できるインキュベートオフィスを提供しています。SKIPシティの施設、設備を使用して、撮影、編集、MA、上映、配給をサポートします。入居者は長時間にわたる制作にも対応できるように、ラウンジやルーフテラス、休養室(9室)、シャワー室等のリフレッシュスペースを設置するなど、機能も充実しています。




若手映画監督育成・支援プログラム

次世代の映像産業を担うトップクリエイターの輩出を目指し、彩の国ビジュアルプラザが展開・推進する若手映画監督育成・支援プログラム。埼玉県内や彩の国ビジュアルプラザ インキュベートオフィスを拠点に活動を展開している若手クリエイターを支援の対象としています。埼玉県内の次世代映像産業の振興に寄与するとともに、地域における映像文化の醸成・活性化も目指し、事業を推進しています。
【製作作品】
『バルーンリレー』(2012年/ D-MAP2011作品/ 66分/監督:藤村享平)
『燦燦-さんさん-』(2013年/ D-MAP2012 作品/ 81分/監督:外山文治)




映像ホール

4Kの迫力ある映像が楽しめるホール

映像ホールは、貸ホールとしては他に例のない、超高精細の4Kデジタルシネマプロジェクターシステム、フィルム映写機、ドルビーサラウンドシステム、大型スクリーンを備えた上映施設です。
映画館のような迫力ある映像・音響を備えた、映像上映に最適な環境に加え、舞台も備わっていますので、映像・画像を使ったイベント、シンポジウム、講演会や研修会会場としても幅広くご利用になれます。




光カメラケーブルによりHDスタジオと連動イベント

4本の光カメラケーブルと、HDスタジオの副調整室や外部中継車等の機材を使用すれば、ホールで行われるイベントの収録・中継が可能です。この他にもホールとスタジオを連動させた多元中継的なイベントを行ったり、スタジオで収録中の番組をホールで公開したりするなどのご利用が可能です。




ウィークエンドシアター

親子で楽しめる映画、懐かしの名画、テーマ別の映画上映など「良質な映画を安価で」をテーマにさまざまな映画の上映を企画しています。

http://www.skipcity.jp/hall/

 




映像ミュージアム

映像について新しい発見ができる体験型のミュージアム

映像の歴史、原理、映像制作のプロセスを子どもから大人まで楽しく学ぶことができる体験型のミュージアムです。様々な映像制作のワークショップも開催しています。また、学校や児童館などを対象にした映像学習プログラムも実施しています。
ミュージアム内の企画展コーナーでは、映像の歴史や最新の映像技術、メディアアートなど、年間を通して様々なテーマの体験型企画展を開催しています。
http://www.skipcity.jp/vm



映像公開ライブラリー

国内最大級の「映像の図書館」

映像公開ライブラリーは、NHKの「番組公開ライブラリー」と一体的に運営を行っている国内最大級の「映像の図書館」です。将来に残すべき価値のある映像として埼玉県がデジタルアーカイブした映画、TV番組などの動画約3,700本と、文化財写真、記録写真などの静止画約1万5千枚におよぶコンテンツを、各端末からオンデマンド方式により、無料で視聴できる施設です。



上映会とトークショー

ライブラリーの映像を様々なテーマで上映し、テーマにあわせたゲストを迎え、貴重なお話を伺います。

http://www.eizou.pref.saitama.lg.jp/library/html/OnLbf21.html






TOP