企画展「マツリミライ:先端映像技術が”祭”をアップデートする」

企画展「マツリミライ:先端映像技術が”祭”をアップデートする」

2019.05.14

ARやプロジェクションマッピングなど、先端映像技術を使った”ミライのマツリ”を楽しめる展覧会です。映像ミュージアムでは、5つのメインコンテンツを展示しており、お祭りの定番の出し物を新しいかたちで体験することができます。バーチャル空間で金魚をすくう「KINGYO」、AR空間で目の前に出現するモンスターを退治する「HADO MONSTER BATTLE」、体を動かす(踊る)ことで音を奏でることができるARアプリケーション「KAGURA」、モニターに顔を映すとねぷた風のお面を被ったように変化する「ねぷたがおや」、そしてその顔がプロジェクションマッピングによってリアルタイムで山車ねぷたに投影される「フューチャーねぷた」など、子どもから大人まで楽しめる展覧会です。それぞれの映像技術についても、パネルでわかりやすく紹介しています。
http://www.skipcity.jp/event/vm/mm/



 





TOP