ABOUT

会社概要

デジタルSKIPステーションは、
次世代映像産業の導入と集積の拠点として
埼玉県川口市に建設された
「SKIPシティ」の先導的役割を担うため、1997年3月に設立されました。 SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザの運営、
SKIPシティ施設群の維持管理、 SKIPシティ国際Dシネマ映画祭をはじめとする
地域と連携したイベント運営や、 展覧会・ワークショップの企画、
4Kや360度映像を含むあらゆるフォーマットでの
映像制作など、
様々な事業を展開しています。 “デジタル”が当たり前になった今、
これまで築いてきたプラットフォームを生かしながら、 さらなる新時代の映像文化形成を目指します。

企業情報

会社名 株式会社デジタルSKIPステーション
代表者 代表取締役社長 粟生田 邦夫
設立 平成9年3月24日
資本金 10億8千4百万円
株主 国立研究開発法人情報通信研究機構、埼玉県、川口市、(株)パートナー、(株)埼玉りそな銀行、(株)NTTデータ、凸版印刷(株)、日本電気(株)、(株)日立製作所、清水建設(株)、(株)竹中工務店、(株)武蔵野銀行、ソニーマーケティング(株)、(株)NHKエンタープライズ、ソニーPCL(株)、埼玉縣信用金庫、三洋電機(株)、東京瓦斯(株)、東京電力ホールディングス(株)、パナソニック システムソリューションズ ジャパン(株)、(株)本郷会計、(株)NHKテクノロジーズ、川口商工会議所、(株)紀伊國屋書店、(株)埼玉新聞社、(株)テレビ埼玉、富士通(株)、(株)NHKエデュケーショナル、(株)NHKグローバルメディアサービス、(株)NHKアート、あいおいニッセイ同和損害保険(株)、SCSK(株)、セコム(株)、川口鋳物工業協同組合、川口機械工業協同組合、埼玉ケーブルテレビ連盟、損害保険ジャパン(株)
所在地 〒333-0844 埼玉県川口市上青木3丁目12番63号 彩の国ビジュアルプラザ9階
連絡先 電話 048-264-7777(代) FAX 048-264-7778

沿革

1997年3月 郵政省(当時)から受信設備制御型放送番組の制作の促進に関する臨時措置法及び有線テレビジョン放送番組充実事業の推進に関する臨時措置法の適用を受け、埼玉県の第三セクターとして埼玉県川口市本町に設立(代表取締役社長 土屋義彦 [当時埼玉県知事]) 主な事業として、映像データベースシステム、公開ライブラリー運営管理を開始
2000年2月 ※さいたま新産業拠点<SKIPシティ>A街区において映像関連施設の運営、A街区全体の維持管理、民間入居施設の運営業務等を行う株式会社スキップシティが埼玉県川口市本町に設立
2003年1月 本社をSKIPシティ(川口市上青木)に移転(株式会社スキップシティも同地に移転)
2月 ※さいたま新産業拠点<SKIPシティ>A街区が街びらき(彩の国ビジュアルプラザ、NHKアーカイブス等オープン)
4月 ※株式会社スキップシティが映像ホールにて「ウィークエンドシアター」を開始
2004年3月 ※第1回SKIPシティ国際Dシネマフェスティバル(現SKIPシティ国際Dシネマ映画祭)開催
2009年2月 株式会社スキップシティを吸収合併
2015年10月 SKIPシティにて第1回川口市市産品フェア開催(運営受託)
2017年 番組制作(NHK BS1他「駅ピアノ・空港ピアノ」シリーズ等)開始
2019年4月 川口市立映像・情報メディアセンター(通称:メディアセブン)の指定管理者に選定され、2019年~2024年までの5年間のメディアセブン指定管理業務を開始

※は弊社に関連する出来事等

お問い合わせフォームへ お問い合わせフォームへ